■辰巳ダム■
平成20年7月28日浅野川の氾濫について
◆2008.8.24 「浅野川の氾濫について」2008.8.8
◆2008.8.24 「平成20年浅野川洪水と辰巳ダム」2008.8.23(浅野川洪水についての第二稿)
◆2008.8.27 「平成20年の浅野川の氾濫について(第三稿)」
◆2008.9.17 (検討中)「平成20年7月28日浅野川の氾濫について(第4稿)」
◆2008.9.19 (第5稿)平成20年7月28日の浅野川氾濫について

◆2008.8.24 「浅野川の氾濫について」2008.8.8
  8月8日までの情報と理解にもとづいて作成。
  想定内の洪水であり、主計町など犀川下流部の氾濫の原因は浅野川放水路の分水堰の機能不全、管理の瑕疵が原因!
  本文→ワードファイル

◆2008.8.24 「平成20年浅野川洪水と辰巳ダム」2008.8.23(浅野川洪水についての第二稿)
 想定外の降雨で天災だったのか。
 上流にダムを造ることができないので浅野川は犀川の治水と一体で考えないといけない。浅野川の氾濫が防ぐことができなかったのは、犀川の治水が遅れているからであり、辰巳ダムを早期に完成させなければならないと主張は?
 本文→ワードファイル
 図1 浅野川の過去の洪水と河川整備水準(想定洪水)の推移→エクセルファイル
 図2 犀川の過去の洪水と河川整備水準(想定洪水)の推移→エクセルファイル
 図3 浅野川・犀川の流下能力と最大の流出量(平成20年7月28日浅野川洪水)→jpegfile
 図4 浅野川・犀川の流下能力と最大の流出量(平成18年9月22日台風7号)→jpegfile
 
◆2008.8.27 「平成20年の浅野川の氾濫について(第三稿)」
 県は、第三者委員会で下記のような主張をして、回避できない天災だったという説明をした。これをどう考えるか
 ●主要なポイント
  @天神橋地点の最大流量は、痕跡から、毎秒600立方メートルだったと推定。
  A犀川側の痕跡から、浅野川放水路では毎秒150立方メートル分水したと推定。
  B流域平均で3時間147mmの降雨があり、200年に1回の降雨だったと推定。
 本文→ワードファイル

◆2008.9.17 (検討中)「平成20年7月28日浅野川の氾濫について(第4稿)」
 県は200年に一回の降雨であったことを強調している。天神橋で毎秒600立方メートルだったのか、浅野川放水路が十分に機能して毎秒150立方メートルが流れたのか。本当に想定外の降雨であり、想定外の出水があったのか。洪水を排除するための浅野川の治水整備水準はおおむね100年の洪水に対する安全度をほぼ達成していたと県は説明していたが実際には大橋下流の狭窄部はかなり劣る水準だったことが明らかになった。新たなデータや情報を収集中であるが、現時点で整理してまとめた。
 本文→
 図1 雨量計位置図(第三者委員会資料に上寺津ダムを加筆)
 図2 修正した等雨量線図(浅野川・犀川流域)(第三者委員会資料に加筆)
 図3 水位計位置図(第三者委員会資料に加筆)
 図4 浅野川の各観測点の降雨と水位の関係→図4−1図4−2
 図5 浅野川・犀川の各観測点の降雨と水位の関係→図5−1図5−2
 図6 「H16報告書」の盤下げ対策検討縦断図
 図7 「H16報告書」の現況流下能力検討縦断図
 図8 「H16報告書」の現況流下能力図
 図9 浅野川・犀川治水システムの流下能力と最大の流量(平成20年7月28日浅野川洪水の観測流量から求めた各点の流量と氾濫量推定値)
 図10 浅野川・犀川治水システムの流下能力と最大の流量(平成20年7月28日浅野川洪水の分水の維持管理が適正で分水制限なしの場合の各点の流量と氾濫量推定値)
 表3 地域気象観測毎時降水量日報
 表9,10,11,12 浅野川不等流計算結果(現況)
 
◆2008.9.19 (第5稿)平成20年7月28日の浅野川氾濫について
 想定内の洪水で「人災」だ!
 平成20年7月28日発生した浅野川の氾濫について、「200年確率に相当する想定外の降雨があった、その結果、想定外の洪水量が発生した天災であり、災害発生は止むを得なかった」と石川県河川課は主張するが、田上地点から下流の浅野川中流部の氾濫に限って見れば、この判断はまったくの誤りである。
なぜなら、このような規模の洪水が発生することは予想されており、これを十分に上回る目標を設定し、河川整備が半世紀にわたって行われていたからである。今回、発生したのは想定規模内の洪水であり、この洪水をコントロールし、制御できなかったのは「人災」といっても過言ではない。換言すると、これまでの河川整備と河川管理が誤っていたのである。
本文→ワードファイル
辰巳ダム情報保管庫トップページへ
中 登史紀のホームページへ