■辰巳ダム■
流量確率評価について
(浅野川放水路の流量を加えた場合)
◆2008年5月3日:流量観測年数30年(昭和53年〜平成19年まで)から流量確率解析
  犀川と浅野川放水路の30年間の流量データを確率統計処理することにより、浅野川放水路流量を加えた犀川大橋基準点の1/100確率規模の流量を求めた。
  ダム調整無し、放水路からの放流量を含む場合の犀川大橋基準点における1/100確率規模の流量は、996〜1229m3/秒の範囲にあり、確率水文学的に妥当な推定値は1133m3/秒と推定される。
 また、従来の石川県の考え方では、犀川本川の分1600m3/秒に放水量250m3/秒を単純に加算した流量1850m3/秒を想定していた。これは1/600確率規模の流量と推定される。
 基本方針(H16.7)で示された考え方では、犀川本川の分1750m3/秒に放水量120m3/秒を加算した流量1870m3/秒と想定しているので、これも1/600確率規模の流量と推定される。


以下に、流量確率による評価に関する文書を掲載する。ワードファイルは、流量確率による評価について(浅野川放水路の流量を加えた場合)
流量確率による評価について
(浅野川放水路の流量を加えた場合)

1.浅野川の流量を加えた場合の犀川大橋基準点基本高水ピーク流量の推定
 石川県(起業者)は犀川大橋基準点の基本高水ピーク流量の決定にあたり、浅野川放水路からの流量を含めていない。これは、基本高水流量が「洪水防御計画の基本となるものであるから、洪水調節等の人工的な操作の加わらない洪水ハイドログラフでなければならない」(「河川砂防技術基準解説」)とあり、放水路が人工的な操作と考えて排除しているものである。
 しかし、放水路自体は洪水を調節しているわけではなく、放水路の設置によって、犀川の流域面積が増加しただけと簡明に考えてもよいはずである。浅野川の一部の流域が加えられたと想定して、犀川大橋基準点で、ダムの洪水調節無し(犀川ダム、内川ダムの洪水調節無し)の場合、どの程度の出水が発生する可能性があるのか検討してみる。

2.流量確率による評価
 昭和53年からの30年間の流量データによる「犀川大橋基準点流量(毎年最大;ダム調節無し、放水量を含まず)」を「放水量を含む」ケースに変更して、確率解析を行う。使用するソフトウェアは、財団法人国土技術研究センターの「水文統計ユーティリティVersion1.5」である。
 毎年最大流量の候補の一覧を表S-1'、毎年最大の一覧を表S-2'に示す。
 表S-1' 犀川大橋基準点流量(毎年最大候補;ダム調節無し、放水量を含む)
 表S-2' 犀川大橋基準点流量(毎年最大;ダム調節無し、放水量を含む)

3.解析結果
 計算の結果は次ページのとおりである。10手法の解が得られたが、SLSC値が0.04以上を排除すると、7つの答えが得られた。→クリック(結果読み込み1型)(結果読み込み2型)

3.1 100年確率推定値
 SLSC値0.04以上は除外して残った手法は、7つの確率分布モデルであり、1/100確率規模の流量は、996〜1229m3/秒と推定される。
この範囲から、さらに確率水文学的に最も妥当な流量を決定するには、このうちからJackKnife推定誤差が最も小さいケースを選べばよい。JackKnife推定誤差が380 m3/秒と最も小さいGev法の1133m3/秒が、求める1/100確率規模の流量である。
 
3.2 100〜1000年確率流量
 前項と同様の考え方で整理すると以下のようになる。
 1/100確率規模の流量は、 996〜1229m3/秒
 1/200確率規模の流量は、 1155m3/秒〜1490m3/秒
 1/400確率規模の流量は、 1324m3/秒〜1785m3/秒
 1/600確率規模の流量は、 1428m3/秒〜1973m3/秒
 1/1000確率規模の流量は、 1565m3/秒〜2228m3/秒

 従来の石川県の考え方では、犀川本川の分1600m3/秒に放水量250m3/秒を単純に加算した流量1850m3/秒を想定していた。これは1/600確率規模の流量と推定される。
 基本方針(H16.7)で示された考え方では、犀川本川の分1750m3/秒に放水量120m3/秒を加算した流量1870m3/秒と想定しているので、これも1/600確率規模の流量と推定される。

辰巳ダム情報保管庫トップページへ
中 登史紀のホームページへ